So-net無料ブログ作成
検索選択

志賀高原スキー場 [Ski]

3/10と11に志賀高原のスキー場に行ってきた。

今回のETC割引作戦は、練馬IC(関越道)-富岡IC(上信越)-更埴IC-信州中野ICで行く。
これだと早朝夜間割引・通勤割引・通勤割引と50%割引の連続で行けるはず。
ただし、この場合は通勤割引が2回となるので、ETCカードが2枚必要となる。
これでうまくいくはずだったが、途中の更埴ICが見つからなかった。
なんと更埴ICで降りるには更埴JCTで反対方向の長野道方面へ向かう必要があった。
ちゃんと調べておけばよかった。

1日目は、志賀高原の焼額山スキー場に向かう。
駐車場まで雪は全くなし。
着くまで雪の量が心配だったが、ゲレンデは心配なし。
天候は快晴の割には気温が氷点下と低いので、新雪ではないが雪質も心配なかった。

焼額山スキー場を拠点に周辺のスキー場を廻る。
ほんと広いね。志賀高原って。
全部のスキー場を廻るには4日ぐらいは必要かも。

2日目は、なんと夜にうちに雪が降ったので、前日と全く違って別世界。
ゲレンデはパウダースノーだよ!今シーズン最高のコンディションだよ!
今年は暖冬ということでほとんど諦めて行ったので、これは予想外の出来事だった。
前日はスキーだったが、ふかふかの雪だったのでスノーボードに変更。
転んでも全然痛くないな。
志賀高原の高天ヶ原スキー場を拠点に周辺を廻る。
これでも志賀高原のスキー場の半分も廻ってないかも。
ほんと広い。
今度またリベンジしたいところ。


武尊牧場スキー場 [Ski]

武尊(ほたか)牧場スキー場に行ってきた。
ここはスノーボードの聖地と言われるほど圧倒的にボーダーが多く、スキーヤーは1~2割ほど。
そのためかスノーパークと言うジャンプ台やハープパイプなどのが充実している。
気温は低めだと思うが、快晴のため少々暖かい。
雪質は問題なし。

ここで気になったこと。
なぜかスーツ姿で手にはかばんを持って滑っている人がいた。
スキー場で営業か。
時にはスノーボードだったり、スキーだったり。
同行者の話しを合わせると、複数人いるようだ。
全く意図が読めない。

ほんでETCネタ。
今回利用した高速は関越道の練馬ICから沼田IC。約125kmなり。
100kmを超えるので練馬ICから100kmちょっと手前の駒寄PAで一度出入りする。
駒寄PAはパーキングエリアであるけど、スマートICと言ってETCを搭載した車だけそこから出入りができる。
まさに割引のための出入り口か。
結果的に練馬ICから駒寄PAを6時前に利用したので、早朝・夜間割引で50%割引が適用される。
駒寄PAから沼田ICを6時から9時までの間に利用したので、通勤割引で50%割引が適用される。
割引なしで練馬ICから沼田ICまで走行すると3,450円かかるが、今回の技を利用すると1,900円(1,450円+450円)となり、1,550円のお得となる。←計算ミスしてたので訂正
休憩がてらちょっと出入りするだけの手間だけなので是非利用すべき。


サンアルピナ鹿島槍 [Ski]

シーズンの初スキー。
行き先は長野のサンアルピナ鹿島槍。
サンアルピナ青木湖とサンアルピナさのさかの3つのスキー場がつながっているところ。
暖冬で心配された雪は全然問題なし。
多少雪が降っていたがコンディションはなかなかよろしい。

ただ、連休のど真ん中ということもあって、人が多かった。
一番困ったのが昼飯。どこ行っても人だらけで、もちろん座る場所もなし。
少し空いてそうな食堂行ったけど、ここは失敗した。
すぐに座れたし、注文もできたが、飯がきたのはなんと1時間後。
店側がかなりパニック状態になっていたらしい。

それにしても今回はETCの良さを知る。
高速は中央道の調布ICで乗り、長野道の豊科ICで降りるのだが、ウラワザ?を使えば
約半額になるのだ。
それは早朝夜間割引と通勤割引の50%OFFを使うこと。
ただし、それぞれ100km以内という条件があるため、今回は八王子から100km弱の地点に
ある韮崎ICで一度降り、そしてすぐに乗る。
たったこれだけで約半額(一度降りるため完全に半額にはならない)になるのだ。
あと時間の条件もあるので、時間帯が限られるが、これは知っとく価値がある。

更新時:2007-02-16 00:10:54


栂池へリスキー [Ski]

過去にGW近くに行ったことがあるが、今回は雪質を期待して早めの時期にしてみました。
当日の天候は快晴で風がほとんどなし。天候によってはヘリが飛ばないこともあるので天候はかなり重要。
ヘリで到着後、今回はそこからさらに登山をしてみました。頂上はすぐそこに見えるけど、約1時間ぐらいかかりました。スキー靴だし、スキー板を持って行ったのでかなりキツイものでした。
頂上では連れとビールで乾杯。これでそれまでの疲れが一気に吹き飛びました。
本当に最高です!
前回は登山しなかったので、ヘリに乗ったという感動だけでしたが、今回はそれに加えて登山を体験できてかなり満喫できました。

頂上から約14kmのロングコースを滑走。
途中から天候が変わり、雪へ、さらに下って行くと、雪から雨へ。
本当についていたかも。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。