So-net無料ブログ作成

ツールドしまなみ海道 Final Stage [etc]

ちょっと宿はイマイチ。場所は寂しいところにあるし、それにお風呂と食事がイマイチ。
親戚の家に泊まっている感じ。いや親戚のところだったら、もっと美味しい食事が出るな。
しまなみ海道の宿はどこもこんな感じかな?

先ずはサイクリングロードを外れて、大島の亀老山を目指す。
いきなりヒルクライム。今回の一番の難所だった。
約30分間上り続ける。例えるならヤビツ峠の半分ぐらいのキツさかな。
車体にも体にも荷物があるので、なおさらハードだった。
その甲斐あって、今回一番の絶景が見られた。

IMG_6442.jpg


しまなみ海道で一番長い橋「来島海峡大橋」が一望できる。
気軽ではないけど、ここも外せないポイント。
先月はあの安田団長も来たみたい。良く見ると王貞治さんの写真も?
しまなみ海道ではママチャリも含めて色んな自転車と会ったが、ここに来てたのはロードバイクだけだった。

しばらくして山を下ると、激寒っ!
真冬並みに寒い。凍死するかと思った。
前日と違ってかなり気温が低くなっている。

サイクリングロードに戻り、さっき上から見た最後の橋「来島海峡大橋」を渡る。
約6kmの長い、長~い橋。
歩いて渡っている人も大勢いた。が、とても歩いて渡る気にはなれない。
その長い橋を渡り切ると、しまなみ海道ともおさらば。
とても名残惜しい。

その長い橋を渡ると、そこは今治市。
今治城をちょっとだけ見学し、最後の目的地である道後温泉を目指す。
ここから約50kmの距離。
たいしたことないかと思ったら、単調で長い。
それにこれまで交通量がほとんどなかったので、普通の一般道がちょっと怖く感じる。

やっとのことで道後温泉駅に到着。
そこにはでっかい時計があった。
しばらく見ていると、その時計に異変が...
どうやらカラクリ時計のようだが、それがまるでトランスフォームするかのように結構大掛かり。
ロボットに変身するかと思った。
これも一見の価値あり。30分ごとに変身するのかな。

IMG_4693.jpg


ここでやたらと「どこから来たの?」と聞かれる。
それに答える度に驚かれる。
「その足だもんねぇ」とか言われたけど、元々太いんですけど。
中には栃木から車で来たという老夫婦がいた。
なんとなく負けた気がする。

そして、前から来たかった道後温泉本館。
テレビや雑誌でしか見たことない建物に感動。
周りをウロウロしたり、マドンナさんと記念撮影したり。
入浴の料金体系が400円から1500円で4種類ある。
入れるお風呂が違ったり、お茶やせんべいが付いたりで値段が変わるみたい。
下から2番目の800円コースで入場すると、先ずは和室に通される。
そこには、座布団と浴衣の入った入れ物が並べてある。そこの座布団に座らせられて、システムの説明。
お風呂から上がったらお茶とせんべいを出してくれるみたい。
スタッフがしっかりしていて、まるで千と千尋の...みたい。
さすがモデルになっただけに、とても似ている。
浴室は広くなく、湯船はひとつだけ、それでもやさしくいい湯だった。
たぶん浴室もいくつかあるのだろう。
こんな温泉に入ったことない。とても新鮮でまたゆっくり来たいところだ。

IMG_0476.jpg


松山城も見たかったが時間切れ。
ヤマトで自転車を送り、自分は松山から深夜バスで帰宅。

前から来たいと思っていた、尾道、しまなみ海道、そして道後温泉に来れたし、どれも想像以上の所だった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ツールドしまなみ海道 1st Stage [etc]

夜行バスで尾道に到着。
先ずは尾道を急いで観光。
映画の尾道三部作のロケ地をまわりたいところだが、時間に余裕がないので、取り敢えず「転校生」で転げ落ちた御袖天満宮をチェック。意外と急な階段。ここから男女が転げ落ちると心と身体が入れ替わるらしい。いや怪我するだけかも。

次にケーブルカーで高台に登り尾道の街を見下ろす。とても見晴らしが良い。
それにしても斜面にお寺さんがビッシリ。今度はゆっくりまわりたいところだ。

IMG_9549.jpg


あらかじめヤマトに送っておいた自転車を受け取り、しまなみ海道をスタート。
尾道から向島に船で渡ることから始まる。距離はほとんどなく、すぐ目の前。
道には自転車用に青い線が書かれていて、ほとんど迷うことなく進む事が出来る。

IMG_2566.jpg


次から次へと絶景が目に飛び込んでくるので、全く飽きることがない。自転車の聖地と言われるのが、良く分かる。
因島では定番の「はっさく大福」を食べた。アンコの替わりに八朔がそのまんま入ってる。一口目が違和感あったが、徐々に馴染み、美味しさに変わった。これは絶品。今も思い出すだけでヨダレが出てくるくらい。

IMG_1668.jpg


そしてもう一つ目を付けていたのが、伯方島の塩ソフトクリーム。伯方島と言えば塩。ここの塩で作った塩ソフトが、これも絶品と思うぐらい美味しい。
是非とも「はっさく大福」と「塩ソフトクリーム」は食べて欲しい。
尾道→向島→因島→生口島→大三島→伯方島→大島で1st Stage終了。
明日はいよいよFinal Stage!?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ゴールドウィンカップ受賞!! [etc]

IMG_3632.jpgIMG_5815.jpg佐渡の三大ロング大会「佐渡トキマラソン」「佐渡ロングライド210」、そして先日の「佐渡国際トライアスロン」を制して、ゴールドウィンカップを受賞しました。

授賞式に出られなかったので、その副賞「表彰盾」「バイクジャージ」「佐渡航路ジェットフォイル優待券」が今日届きました。

バイクジャージは地味で、どこにでも売ってそうなデザイン。佐渡の文字すらないです。
せっかくだから特別に作れば良かったのに...そこだけが残念です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

3Dテレビ [etc]

IMG_6980.jpgオリンピックに感動しながら、テレビをザッピング。
BS朝日の様子が変。
鈴木雅之が二人いる!?
調べたら3D放送だった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

4個目のガーミン製品 [etc]

IMG_0825.jpg新たにガーミン製品が仲間入り。
「FORERUNNER 910XT」
バイクジャージも入れると5つ目かな。
これを佐渡トライアスロンで活躍してもらう予定。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

サプライズ [etc]

IMG_8481.jpgサプライズだらけの合宿だん。
激坂(14%!?)だらけのバイクコースにビックリしっぱなしでしたが、一番ビックリしたのは突然誕生日を祝ってくれたこと。
こういう仲間は大切にしたい。 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

RWS鎌倉 [etc]

IMG_2018.jpgRWS鎌倉で3km完泳!
波がちょっと荒れてたけど、タイムは去年よりいい。
でも同姓の知り合いに7秒負けたのが悔やまれる。(^^)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

テスト投稿 [etc]

IMG_5320.jpg今日はこのへんにしといたろ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

トライアスロンデビュー! [etc]

6月12日に伊豆大島でトライアスロンデビューしてきました。

今回一緒に行ったのは、今所属しているアヤトトライアスロンスクールの皆さん。
合計は30人の大所帯。
ほぼ大人の修学旅行といった気分です。

伊豆大島トライアスロン大会は、土曜日の午後から行われます。
従って、土曜日の朝に東京や横浜から出発しても十分間に合います。
そして、帰りの便がないので、そのまま泊まりになってしまいますが、その代わりパーティがあって十分楽しむことができます。

当日の天候は曇りのち晴れ。
ちょうどこの時期に梅雨入りするタイミングで過去の天候はあまり良くないみたいですが、今回は奇跡的に雨の心配はないようです。
気温は体感的に25度ぐらいかな。
水温もそれほど低くはない。
ここまでは条件はとてもいいですが、海は荒れて白波が立っています。

■スイムパート(1.5km→1.2km)

スタート前にアヤトトライアスロンスクールチームで円陣を組みます。
そしていつものウェーブ。
これが良かったのか、仲間がいっぱいいたからなのか、不思議と緊張は全くしませんでした。
直前になってからスイムのコースが変更になってちょっと動揺しましたが。
どうやら波が高いせいで、300mほど距離が短くなったみたいです。

スタート時間はこんな感じ。

13:40 第一ウェーブがスタートします。このグループは39歳以下の男子です。緑色のキャップを被ります。
13:44 第二ウェーブがスタートします。私を含む大人?の男子が含まれます。黄色のキャップを被ります。
13:48 第三ウェーブがスタートします。女性、スプリント、リレーが含まれます。それぞれ赤、白、赤を被ります。

予定通りの時間にスタート。
波が高くてなかなか前に進めません。めっちゃ泳ぎづらいです。
ほとんど波と格闘してました。
バトルに関してはそれほどでもありませんでした。
前もってスクールで練習していたからかもしれません。
一番の敵は平泳ぎですね。後に付くと、蹴られそうです。なるべく避けてました。
3つ目のブイの辺りで、赤い彗星のごとくものすごい勢いで何かが通り過ぎました。
たぶん、オープンウォーターの女王と言われる瀬川さんでしょう。速度差が違い過ぎますね。
始終波と格闘していましたが、不思議と呼吸は楽だし、疲れは全くなし。
今から思えば、もっと頑張れたのではないかと思います。
あとコースはかなり蛇行していたかも。レスキューの人に何度も注意されたし。
そんなこんなでスイム終了。

20100612_06.jpg

20100612_07.jpg

20100612_08.jpg

20100612_10.jpg


■バイクパート(40.0km)

トランジッションエリアまで走っていって、素早く着替えを終える。
それほど大きくタイムロスをしているところはないはず。
バイクは、1周10kmのコースを4周することになる。
先ずは海沿いのコース。ここは景色が良く、めっちゃ気持ち良い。
多少アップダウンがあるが、追い風もあってスピードが乗る。50km/h近くは出ていたかも。
スイムは抜かれてばかりでしたけど、バイクはほぼ抜きまくり。気持ちいい。
好きなバイクでテンションが上がったのか、ちょっと心拍も上がりすぎ。
なので、2周目はややペースを落として、心拍を落ち着かせる。
コースの折り返しから飛行場付近はやや上りだったり、向かい風だったりするところがちょっと我慢。
3周目くらいから腰が痛くなってくる。
時々腰を伸ばさないと痛すぎてあまり頑張れない。ここでかなりタイムロスしているかも。
楽しいバイクもこれで終了。
20100612_12.jpg


■ランパート(10.0km)

トランジッションエリアの隣の方は、スイムもバイクも全く同じタイミングでのトランジッションでした。
そしてリザルトを見て知ったのですが、ランも1分ぐらいしか違わないみたいです。
3種目とも自分と同じって珍しいですよね。

バイクでの足へのダメージは思ったよりないかな。これは練習のおかげかも。
ランはコースのアップダウンと暑さとの戦い。
バイクでの海沿いコースがそのままランのコースとなる。
そして往路は車道、復路は歩道を通る。
従って、折り返してくる人とすれ違うことになる。
折り返しルートは色んな人と会うからいいですね。
暑さを我慢し、淡々としたスピードで走り続ける。
何度も時計を確認し、あとどれくらい我慢すればいいのかなと思ったり。
フィニッシュゲート近くで、代表のアヤトさんや先にゴールした人たちとハイタッチ。
これがいいですね。
そして感動のフィニッシュ。
だったけど、ゲートをくぐった後の一歩で足が攣った。(^^;
20100612_16.jpg

20100612_25.jpg


○リザルト

これがリザルトです。
バイクがちょっとがんばってます。
バイクで40人抜いて、ランで38人に抜かれたことになりますね。

総合順位:141/278(完走者のみ)
男子順位:130/244(完走者のみ)
時間:02:46:48
スイム:0:34:11(167位)
バイク:1:17:19(117位)←たぶん前後のトランジッションも含まれる
ラン:0:55:18(165位)

もう本当に完走できてウレシーです。トライアスロン最高です。
その後のパーティから延々と続く宴会まで本当に楽しかったです。
来年も是非参加します。
20100612_32.jpg

トライアスロンデビューまであと2ヶ月 [etc]

トライアスロンデビューまであと2ヶ月。

先週の土曜日に、トレーニングの一環として、鎌倉の海を泳いできた。
まさか4月に海に入ることになるとは思ってもみなかったな。
水温はたぶん18度ぐらい。銭湯とかの水風呂と同じ温度らしい。
もちろんそのままでは寒すぎるので、レンタルしたウェットスーツを着用。
ウェットスーツを着ると全然違うな。露出している部分は冷たいけどすぐに慣れた。
他の方は寒がっていたけど。体脂肪の違いか。(汗)

img.jpg


今回は自主的な練習会ではあるけど、トライアスロン熟練者の方々も一緒だし、
それにOWS(オープンウォータースイム)の女王と言われる方に指導して頂いた。
絶対ひとりではこんな練習できないな。危険だし。

練習内容はこんな感じだった。

○ヘッドアップ
泳ぎながら頭を上げて前方を確認する方法。
プールのようにコースロープがないし、底にもラインが引かれているわけではないので、
現在の位置確認するのに重要。それをしないとトンデモナイ方向に行ってしまう。
簡単なようでなかなかできない。

○ブイでのターン
ブイに沿ってターンする泳ぎ方。
曲がりたい方向と逆の手だけでかくといいみたい。

○スタートの練習
トライアスロンのスタートは砂浜からダッシュして海に入って行く方法と、海に浸かっている状態からスタートする
フローティングスタート(って言ったかな)の2種類があるらしい。
今回は前者の練習をした。
砂浜から走っていき、先ずは海の水を避けながら足を上げていく。
きゃぴきゃぴしている女の子のイメージかな。
そのあと腰ぐらいまでになったらドルフィンのように頭から一気に潜ったり、立ったりして、
ある程度の深さまで進んでいく。

○2つのブイを周回
集団で2つのブイを何周回かする。
プールでは人とぶつかることはないが、トライアスロンではぶつかることは当たり前らしい。
初めてだったので、相手に気を使ったりしたが、そんな場合ではないみたい。
これもなかなか慣れなかったな。

それにしても今回は波が高く泳ぎ辛い。
ちょっと泳いだだけでもすぐに疲れてしまう。
やっぱりプールとは全然違うな。
もうちょっと海に慣れないと。

---

今着々とトライアスロンに必要なモノを揃えているが、やっぱりトライアスロンはお金がかかるなということを実感。
一番高いのは自転車本体、次にウェットスーツ、トライスーツ。それとスクール代かな。
スクールは、今まで色んな形でお世話になっていたアヤトトライアスロンスクールに入会済み。
あとは試合に出るとなると、エントリーフィや交通費などなど。
結構馬鹿にできないのが飲み代かな。(笑)
皆で練習するとその後は反省会と称する飲み会となる。
トライアスロンをやっている方はとても明るく前向きで、すごく楽しい飲み会なんだけど、
割とこういう機会が多くなって、飲み代に結構使っているかもしれない。
気を付けないと。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。