So-net無料ブログ作成
検索選択

2015 夏休みの軌跡 -前編- [Bicycle]

今年の夏休みは1週間ずらして、帰省&北海道ツーリング&アイアンマンジャパン観戦の計画を立ててみた。
先ずは帰省先の青森からスタート。
自転車は、あらかじめ実家にを送っておいた。
ボトルケージがボトルごと凹んでたけど...

IMG_0517.jpg
新品のボトル...だった


■ 8/22(土) 函館→洞爺湖

前日の23:30青森発→3:20函館着のフェリーで北海道に到着。
この後の便は予約でいっぱいだったけど、何故かこの便はガラガラ。
でかい船のせいか、到着が早すぎるのか、広いフロアにもう一人いるだけだった。
函館に到着すると雨。
朝早いにも関わらず函館に住む弟が迎えにきてくれてた。感謝。
まだ時間が早いので、近くのスーパー銭湯「湯都里」に行き、しばらく仮眠。
深夜料金がかかる4:00を過ぎていたので、700円で済んだ。
仮眠施設もしっかりしてるし、お風呂もいい感じ。また利用したい。
仮眠後、お風呂に入り、いざ出発といきたいところだが、外は雨。
弟が車で送ってくれるということで、雨の降っていないところまで移動。

IMG_0412.jpg
ハセガワストアのやきとり弁当
これを食べずに函館は素通りできない

そして40kmほど移動した道の駅「YOU・遊・もり」からスタート。
なかなか快調に走行。
しかし、北海道らしくコンビニがない、信号がない、そのため休むタイミングがない。
気づいたら、ボトルの麦茶のみで、90kmの間、無補給、無休憩で走行してた。

IMG_0420.jpg
立ち寄った長万部駅
隣で若い女性たちが輪行袋に自転車をしまってた

さすがにお腹が空いたので、適当な食堂を見つけ、そこで補給。
ハズす事のないカレーを選んだつもりだったが、あまり美味しくなかった。
これまでほぼ平坦だったけど、洞爺湖直前で山越え。
最小限の荷物にしたけど、デジタル一眼レフカメラが重いのか、上り坂がキツく、後ろに引っ張られてる感じがした。
そして、なんとか洞爺湖に到着。

IMG_0426.jpg
洞爺湖にとうちゃこ!

IMG_0424.jpg
スイムアップのポイント

この日は洞爺駅近く素泊まり3,500円の宿に宿泊。「松よし旅館」だったかな。
値段相応、エアコンはないけど、窓を開ければ涼しい風が入ってくるし、波の音が聞こえてて、割り切れば雰囲気よし。
安く泊まるならこんな所もいいかと思ったら、ここの宿は8月いっぱいで閉めるらしい。
この日の走行は110kmぐらいか。

IMG_0432.jpg
宿近くからの夕景


■ 8/23(日) アイアンマンジャパン観戦

宿を4:30に出発。
同じ宿にアイアンマン出場者も泊まってたけど、既に出発済み。
洞爺駅近くの宿から長いトンネルを抜けると洞爺湖のはずだが、そのトンネルが見当たらない。
洞爺湖という標識を目指して行くと、どんどん登っていく。
結局、トンネルの上を通ってしまったみたい。
結構な登り坂だった。

5:00ちょっと過ぎに洞爺湖に到着。
これからスタートする人たちでいっぱいだった。
続々とスタート会場に来る仲間と挨拶。
初めてロングに挑戦する皆さん、いつもと違って緊張気味。見てて面白い。
自分は二年連続で出場したけど、今回は応援なので、こんなに気が楽なことはない。

DSC05987.jpg
スイムスタート前

6時ぐらいから年齢別にウェブスタート。
晴れて景色が最高。でも、残念ながら雲に隠れてて羊蹄山は見えない。
スイム二周回のうち一周回終えたのを見届けて、第二の応援ポイントへ移動。
バイクコースの洞爺湖湖畔から離れてからの上り坂。
そのバイクコースとは反対の湖畔を通って向かう。20kmぐらい?
その上り坂で待機してると、続々とやってくる。
Yマシー、Mグちゃん、S-さん、Mッキー、続々と知り合いが通過して行く、みんな笑顔なのが面白い。
レースでしか会えない人も結構いた。応援もなかなか楽しい。
みんな確認できたので、ひと安心。
初ロング組みも調子良さそう。
ただ、Mッチの遅れが気になる。

DSC06584.jpg
遠近感がいい感じ?

DSC06680.jpg
ドMなバイクコースの始まり

さてバイクが戻ってくるまで早くても5時間ぐらい?
食べるところがないので、コンビニを見つけ、やっと朝食にありつけた。
そして、道の駅周辺の湖畔をしばらく散策。
そこではレースとは関係なく普通にキャンプをして楽しんでいる光景があった。
そんな湖畔の風景をパシャリ。荷物を減らすため、通常のレンズを持ってこなかったことが悔やまれる。
遠くの方で大会のスタッフがやたらと手を振ってくるので、近付いてみると...
「あっ、人違いだった」
だって、おぃおぃ。
そんな事もあってもまだ時間がある。
重い荷物と一緒に移動するのは苦痛なので、チェックインはまだだけど、宿に荷物だけでも置いてもらえないかと今夜の宿泊先に向かう。
湖畔沿いの宿はほとんどレース参加者で予約取れず。
空いていたのはウィンザーホテルとここ「HOTEL COCA」だけ。

IMG_0449.jpg
満足度高し

ホテルの好意で早めのチェックインさせてもらった。
部屋に自転車を置いてもいいとのことだったけど、ロビーに置かせてもらった。
部屋に入るとダブルベッドがドカーン。でかい窓があり、そこから洞爺湖を見下ろす形で一望。
BGMがかかっていて、風呂はガラス張り。
今回はお一人様プランだったので、間違いではないと思うが、ここはカップルで来るべきところかと。
ちなみにレース参加者もここを利用してた。
汗だくだったので、シャワーを浴び、着ていたバイクジャージを洗濯。
バイクジャージを何とか乾かし、再び着て出動。少し冷たい。

ランコース10km近くに移動。
ホテルが高いところにあるので、ここまでずっと下るだけだった。
到着してすぐにMグちゃん通過。流石っす。
色んな人が通過していくけど、それ以来、仲間は全然来ない。
1時間ぐらい経ってからUさん、S-さん、Mッキー、K-チャン、Sっち、通過。
みんな視線が合うと笑顔になるのがいいね。

DSC06742.jpg
ランナーばかり撮ってたら

DSC06745.jpg
婦警さんにピントが合った

ずっと立ってると段々と寒くなってきた。
ウインドウブレーカー着ても寒い。
更にポツポツと雨も降ってきた。
いつもなら通過しているはずのFミちゃんが来ないのが気になる。
寒さに耐えられなくなり、一度ホテルに戻って、長袖を着込んで、再び出動。
今度はフィニッシュ地点へ移動。

フィニッシュ地点に着くと、Mグちゃん、既にレースを終えてた。間に合わなかったか。
ランで失速したとのことだけど、十分速い。
だいぶ間が開いて、Mッキーフィニッシュ!
そしてS-さんフィニッシュ!ランで逆転があったみたい。
S-さん、初ロングしては好タイム。
K-チャン、Sっち、続々と戻ってくる。
前回出た時にフィニッシュ後、白戸太朗さんに握手してもらったのが一番感動した。
その時の光景が蘇ってくる。
残りの人のタイム予想しているうちに、Kっ川さんのフィニッシュ見逃した。
N田さんもフィニッシュして一安心。
22時過ぎ。まだ戻って来てない人がいるけど、ホテルまで遠いので、帰ることにした。
と思ったら、Mサさんフィニッシュしてた。見逃した。
一番心配だったので、本当に良かったよ。
この時点でDNFが三人。まだ走っている人が二人。
見届けたかったけど、帰ることにした。
ホテルは標高の高いところにあるので、30分ぐらいずっと上りっぱなし。
道は暗くて、さらに雨がガンガン降ってる。なんかの修行のよう。
やっとの事でホテルに到着。
これで長い長い一日が終了。
残りの二人も無事にフィニッシュしたらしい。
良かった。本当に良かった。

DSC06756.jpg
お疲れ様でした

この日は、計測してないけど、60kmぐらいは走ったかも。

2015 夏休みの軌跡 -後編-
http://doghouse.blog.so-net.ne.jp/2015-09-02
へ続く。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。