So-net無料ブログ作成
検索選択

ツールド北海道 Final Stage [Bicycle]

IMG_9001.jpgIMG_5362.jpgIMG_8683.jpg


最終ステージは富良野。
札幌から富良野には「フラノラベンダーエクスプレス」で移動します。
列車に天窓が付いていて、モニターで前方の風景を映していたり、音楽が聴けたり、ラウンジルームがあったり、さらに車掌さんのガイド付きなのが嬉しい。
リゾート列車なるものは、初めて乗ったかもしれません。
かなり快適でした。

約2時間かけて11時頃到着。
富良野と言えばオムカレーですね。
オムカレーが食べられるところが何店舗かあり、色々探しながら走り回ってると、興味を惹く文字を発見。

「納豆カレー」

まれにメニューの一部に納豆カレーがあったりするけど、納豆カレーをメインにしている店は初めてです。
ここで葛藤すること10分。
納豆カレーの店に入ろうとしたら、開店前でした。残念。
しょうがなく?「まさ屋」という鉄板焼き屋でオムカレーを食べました。

参考までに、富良野の食材を使い、1,000円以下という、いくつかの条件を満たしたオムレツ&カレーだけが、オムカレーを名乗れるようです。

あまり期待していませんでしたが、ここのオムカレーかなり美味しかったです。大満足でした。

さて富良野で行きたいところがいくつかあります。
先ずはファーム富田のラベンダー。
駅から約10kmの道のりを激走します。
飽きるぐらい道が真っ直ぐです。
そんなところにカラフルな斜面が出現。ラベンダー畑でした。
でも、そこはまだファーム富田ではなくそのさらに先でした。
ファーム富田では大勢の観光客で賑わってました。ほとんどが中国人のような気がしました。

時間が限られてるので、さっとラベンダーを目に焼き付けたら、再び駅に戻り、反対方向の麓郷を目指します。
麓郷と言えば、「北の国から」のロケ地。五郎さんに挨拶しに行かなければ...
片道約24kmで、往復約50kmの道のり。これを帰りの電車に間に合うようにするには、2時間以内に戻ってこないといけない。
行けたとしても、見る時間がほとんどありません。
と言う訳で、途中で引き返してきました。
まあ前に見たことあるし、まあいいかな。
それにしても、ひとつひとつが離れすぎて、自転車で回るには時間がかかり過ぎます。
広すぎ北海道

16:30のフラノラベンダーエクスプレスで札幌に戻ります。
行きと同じ車掌さんでした。
そして行きで車両中に聞こえるぐらい泣いていた赤ちゃんも、また泣いてます。(^^;

最後の締めは、サッポロビール園でジンギスカン。
ジンギスカン、ビールが食べ放題、飲み放題で3,300円。
大好きなサッポロクラシックも飲み放題とは夢のようです。
ジンギスカン本当に美味しくて、いくらでも食べられます。
普通の焼肉と違って、もたれることがありません。
そんなジンギスカンを堪能しているところに外人が近寄ってきて、
「シャシントリマスカ?」
「ワタシモ、ジテンシャデス」
「○○ニイキマス」(クシロだったかな)
と言って去って行きました。
旅っていいですね。(^^)

今回の総距離は
160 + 100 + 30 = 290km
でした。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 2

ひろてぃ

長い旅路、本当にお疲れ様でした!(*^_^*)
函館、札幌から富良野楽しい旅でしたか?
来年こそは、行きたいな~
今年の計画は、函館、富良野、網走、知床、帯広、小樽でした。
また聞かせて下さいな!
by ひろてぃ (2012-08-13 05:43) 

doghouse

北海道を堪能できました。
近々弟が帯広に転勤になるので、今度は帯広を絡めて走ろうと思います。
来年は北海道で会えるといいね。
どうですか。自転車で?(^^)
by doghouse (2012-08-15 13:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。